サービス概要

  • リモートワークでの営業のやり方に悩んでいる」
  • 「自社に適したオンラインセールスのツールが何かわからない」
  • 「オンラインセールスのパフォーマンスに不満がある
  • 「対面営業からオンラインセールスにすることで売上が下がりそうで不安
  • 「インサイドセールスでクロージングまでしたい

コンサルティングの3つのポイント

コンサルティングの3つのポイント

営業プロセス単位での
オンライン化

オンライン化によって、パフォーマンスやサービス品質に悪影響が出るリスクのあるプロセスとオンラインで生産性を改善できるプロセスを見極め、自社に適したオンラインセールスのプロセスを設計します

オンラインセールス
独自のノウハウ活用

数多くのオンラインセールスによる営業支援実績で培った、オンラインセールスの強みと制約を踏まえた独自のノウハウを活用したセールスプロセスや手法を設計します

適したデジタル
ツールの提案

事業・営業・顧客の3つの観点で特性を見極め、適したオンラインセールスツールやMA/SFA/CRMツールを選定し、導入・活用支援まで致します。

*Ex:ZOOMとベルフェイスの使い分け/salesforceやmaruketoと国内ツールの違いなど

メニューと価格

ビギナー向け

アドバイザープラン

オンラインセールス全般に関するアドバイスオンラインセールスに関する悩みや相談に実績豊富なコンサルタントがお応えします

100,00円税抜き

オンライン会議

・月2回×60分のオンライン会議にてご相談についてアドバイスを提供します

オンラインチャット相談

・月2回、オンラインチャットにてご相談、ご質問にお応え致します

ニュース・ノウハウレポート

・オンラインセールスやITツールに関する情報を定期的に配信いたします

コンサルティングプラン

オンラインセールス体制構築現状、対面で実施しているものをオンライン化する

300,00円税抜き

現状分析

・営業マンインタビューを通じた営業プロセスごとに対面・オンライン化の見極め

業務設計

・プロセス設計

・ITツール選定

・トークスクリプト作成

・サービス案内資料作成のアドバイス

オンボーディング

・ITツールの活用方法レクチャー

・オンラインセールス業務のレクチャー

運用・実行(別料金)

・アウトソーシングにて弊社で実行も対応可(別料金)

経験者向け

コンサルティングプラン

オンラインセールス強化・改善現状、オンラインで実施しているプロセスのパフォーマンスを改善する

500,00円税抜き

現状分析

・営業マンインタビューを通じた課題設定

業務設計

・プロセス設計

・商談ストーリー設計

・トークスクリプト作成

・サービス案内資料修正のアドバイス

オンボーディング

・商談方法のレクチャー

・ロールプレイング(*実施人数によって費用が変わります)

運用・実行(別料金)

アウトソーシングにて弊社で実行も対応可(別料金)

DX推進(プロセスのデジタル化)マーケティング、セールス、カスタマーサクセスの顧客獲得~伴走プロセスのデジタル化

500,00円税抜き

現状分析

・マーケティング⇒セールス⇒カスタマーサクセスの各担当者インタビューを通じた現状業務把握

・営業組織内でのコミュニケーション内容把握

・各種ツールの活用内容把握

業務設計

・デジタル化のスコープ設計

・データとして蓄積・モニタリングする指標の設計

・ITツール選定

・業務フロー設計

オンボーディング

・各種ツールの使い方レクチャー

運用・実行(別料金)

・アウトソーシングにて弊社で運用サポートも対応可(別料金)

成功事例

株式会社リクルート Knowbe事業 岩田様

インサイドセールス(クロージング)の
生産性改善

SaaS新規事業でLTVを踏まえると、全国に対面営業で実施することはCACが肥大化し、ユニットエコノミクスが合わないため、電話のみで非対面営業を実施。その状況に対して、当社介在によって、オンライン商談ツールを活用した商談プロセスの設計と運用を実行し、営業生産性(営業1人あたりの受注件数)を5倍に改善。

ラクスル株式会社 ハコベル事業 鈴木様

インサイドセールス(BDR)体制の構築

リファラル(紹介)などのインバウンドチャネル中心に新規顧客との接点を構築していたなかで、更なる事業成⻑の加速を⽬的に、アウトバウンドのBDRにチャレンジ。当社にてBDR体制を構築・アウトソーシングを実施し、営業の生産性が2倍に改善。

その他の成功事例

インサイドセールス(クロージング)組織の立ち上げ

それまで対面営業のみで首都圏エリア中心に顧客獲得していたが、更なる成長のために全国各エリアに営業していく必要があるなかで、各エリアに拠点を出すことはエコノミクス上採算性が合わないので、インサイドセールス(クロージング)での獲得モデルを設計し、CACの⽬標⽔準をクリアしたうえで全国への営業体制を構築。

バーティカルSaaSスタートアップ T社

営業のDX・セールスイネーブルメント

事業立ち上げ直後の営業組織は、その業界にネットワークのある営業担当の属人的なネットワークによるリード獲得と商談においては各人それぞれのやり方で実施。事業スケールのためのパフォーマンス標準化のために、営業手法の型化とオンライン商談ツール導入。プロセスもSFA・CRA導入によって可視化。結果営業生産性を6倍に改善。

企業内新規事業・バーティカルSaaS S社

インサイドセールス(SDR)の⽣産性改善

問い合わせやホワイトペーパーダウンロードなどの、インバウントリードに対するSDRを他社にアウトソーシングしていたなか、インサイドセールス体制強化につき、当社サービスを並⾏利⽤。他社のCVR実績に対して、3倍のCVR実績を創出。その後、SDRを当社アウトソーシングに⼀本化。

ホリゾンタルSaaSスタートアップ B社

オンラインセールスのメリット

オンラインセールスのメリット

売上向上

対象顧客数増加

訪問可能な範囲という制限がなくなるため、全国すべての顧客を対象に営業活動ができる

商談数増加

移動時間が削減させることで、ピュアセールスタイムが増加しコール数や商談数UP

CVR改善

アポイント率改善

商談可能時間の増加によって、多忙な方とのアポイント調整がし易くなり、アポ率向上

受注率改善

・スクリプト機能(カンニングペーパー)を利用することで、事前準備資料を活用しながらの商談が可能となるため、営業パフォーマンスの標準化がし易くなる
・また、営業シーンをモニタリングできる頻度も増加し、商談内容に対する教育、改善のクオリティも向上。
・商談の録画、録音を振り返ることで営業マンの早期育成と教育内容の精度も向上
・共有メモ・チャット機能を利用することで、顧客が解決したい課題や判断基準など、商談にて論点になるポイントを可視化することで、商談成否の分かれ目を外さない商談が可能

売上向上

営業交通費削減

長距離移動の交通費、宿泊費はもちろん、訪問可能な範囲での通常営業交通費も大幅削減できる

営業拠点費削減

営業拠点を設けずとも全国営業が可能となるため、営業拠点のコストが削減できる

価値の源泉(強み)

セールスの専門性

エンタープライズ~SMBまで多様な顧客とビジネスモデルのセールス実績を持つメンバーが多数在籍しているため、対面・オンライン双方の特性を肌感覚レベルまで深く理解

体制構築・業務設計の専門性

毎年、数十社のオンラインセールス組織の立ち上げやDX化支援の実績とその過程で得た最先端かつ独自のノウハウ

ITツール選定の専⾨性

マーケティング・セールス・カスタマーサクセス、すべてのファンクションでのツール導入・活用実績とプロセスごとの特性と各種ツールとの適性のナレッジを保有

支援プロセス

目的確認・現状分析

プランニング

提案・導入

実行・PDCA

目的と現状を踏まえた最適なプランニングと実効性ある緻密なPDCA

営業のオンライン化やDXはあくまで手段であり、その手段を導入しただけで、成果が上がるわけではありません。
果たしたい目的と避けたいリスクや制約を明らかにしたうえで、顧客特性を正しく理解し、営業プロセスごとの提供価値や重要度を見極めて、プランニングすることが肝要です。
また、手法やツールを導入してゴールではなく、実行フェーズにおいて、緻密にPDCAを回すことで目的の実現、得たい成果に繋がります。

よくある質問

  • コンサルタントはどのような方ですか?

    オンラインセールス組織構築とオンラインセールス実務をマネジメント・プレイヤー双方で複数事業経験のある当社経営陣やマネージャーが直接担当致します。

  • オンラインでの相談はどのようなツールを使っての実施になりますか?

    オンライン会議・チャットツールともに、お客様が利用されているツールに合わせて実施させていただきます。特に、ツールを利用されてない場合は当社指定のツールにて実施させていただきます。

  • BPO(業務代行)サービスのみの依頼も可能でしょうか?

    はい、可能です。BPO(業務代行)を通じて、非対面・オンライン化によって生産性改善できる部分はご提案差し上げます。

  • ツールの運用はどこまで対応可能でしょうか?

    原則、ツール選定からオンボーディングと運⽤・改善まで対応可能です。当社リソース状況によっては、⼀部を提携企業にて対応させていただくこともございます。

  • 顔が見えないことで警戒心と不安感を抱かれるのが心配です。

    オンライン商談ツールには、カメラ機能はもちろん、名刺代わりとなるプロフィールシート機能で自分のパーソナリティを紹介することで、対面以上に自己開示やアイスブレイクをすることが可能になります。

  • 会話内容や声のトーンのみで相手の反応を読み取るのは難易度が高そう。

    対面に比べて商談相手の反応を読み取る難易度が高いことは事実です。相手が発する言葉のみで読み取る必要があるので、どういった言葉を引き出す必要があるのか等、事前のヒアリングシナリオの設計が重要となります。

お問合せ

会社名※必須
名前 ※必須
電話番号必須
メールアドレス必須
お問い合わせ詳細

Copyright © 2020 Comrades Incubate Co.,Ltd. All rights reserved.